メニューを飛ばして本文へ

内藤工業所

Topics

2019.12.21

話題

「ながら運転」にご注意!

広報室の宗形です。

早いもので、今年もあと10日になりました。年賀状の準備に焦りを感じている今日このごろです。(汗)

さて、ご存知の方も多いと思いますが、携帯電話などを使用しながら車を走行させる「ながら運転」の罰則規定が、12月から強化されましたね。

「ながら運転」とは、スマートフォンやカーナビなどの画面を注視したり、携帯電話で通話をしながら運転することです。最近、ながら運転による事故件数が急増していることを受けて、違反点数、罰則、反則金が大幅に強化されたものです。

具体的には、運転中にスマホなどで通話や画面を注視する違反「携帯電話使用等(保持)」の違反点数は1点から3点に引き上げられました。

また、スマホなどでの通話や注視によって交通事故を生じさせる違反「携帯電話使用等(交通の危険)」の違反点数は2点から6点に引き上げられ、一発で免許停止処分になりました。

さらに罰則は、これまでの3か月以下の懲役または5万円以下の罰金から、1年以下の懲役または30万円以下の罰金に引き上げられました。まさに厳罰化ですね!

最近は、スマホをカーナビ代わりに使用する方が最近増えていますね。普通のカーナビだと、目的の周辺までしか案内しないのと比べて、最後まで案内してくれるので、私も時々使います。しかし、運転中にカーナビやスマホの画面を2秒以上注視していると違反に該当しますから、ご注意ください。

警察庁の調査では、携帯電話などの「ながら運転」の死亡事故率は、使用していない場合と比較すると2倍以上になるそうです。この数字が示すように、「ながら運転」は運転に対する集中力を失わせ、死亡事故につながる危険な行為なので、絶対にしないように心がけましょう!