メニューを飛ばして本文へ

内藤工業所

Topics

2019.03.22

話題

イチロー引退

広報室の宗形です。

日米通算4367安打を誇る球界のレジェンド、マーリンズのイチロー選手が3月21日、現役引退を表明しました。

日本で9年、アメリカで19年にわたり活躍、様々な輝かしい記録を打ち立てたイチロー選手。「最低でも50歳までプレー」との宣言はかないませんでしたが、日本のファンの前で、最後の勇姿を見せて引退できたことは、とても良かったと思います。

さて、イチロー選手というと、まず頭に浮かぶのが、あの"ルーティン"...打席に入った時、右手を伸ばしてバットを立て、左手で右肩付近のユニホームを引くという仕草ですね。ただ、イチロー選手のルーティンはそればかりではありません。

ネクストバッターズサークルでの股割りやゴルフスイングのような素振り、試合後のスパイクの手入れ、自宅でのマシンでのトレーニングとマッサージ、朝昼兼用の手作りカレー...など、枚挙にいとまがありません。また、自分のバットは専用のバットケースで衝撃から保護し、感覚が狂うという理由から、他人のバットは絶対に握ることはありません。「すべては野球で結果を出すため」という徹底したストイックな生き様は、まさに"求道者"でした。

今後はマリナーズのフロント入りが有力視されているようですが、引退会見で日本のアマチュアとプロの壁について触れ、「小さな子どもなのか、中学生なのか、高校生なのか、大学生なのか分からないが、そこには興味がある」と語っていましたが、今度は指導者として、野球界に革命を起こしてほしいものです。